Madison's BLOG

ビーチクルーザーで通勤&カスタムライフ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、メンテシリーズ第3弾。
今回は、フロントブレーキの部品がサビに犯されたため、その除去です。

CIMG1135.jpg
まぁ、ヒドい状態です。こんなになるまで放置した自分が悪いんです・・・。
あまり目につきにくい、目立たない場所ですが、残念ながら乗っている自分からは
良く見える位置であり、さすがに気になっていたんです。

で、とりあえず、周辺パーツをバラしてみました。
CIMG1137.jpg

で、どうやって錆びを除去するか、なんですが色々考えましたが、これと言って
画期的な方法が見つからず・・・。
ホントは『溶剤にドボンして、放置して、あらキレイ』みたいのがないかなぁ~と
思ったんですがね。とりあえず無知な私が出来ることは・・・

金属ブラシでコスる!!!

で、金属ブラシと耐水ペーパーでコスッた結果がコレ↓↓
CIMG1149.jpg
まぁまぁキレイになったでしょ??
さすがにネジ穴の中とか、細かいところまでは無理でしたが、自分的には
これぐらいで良しとしました。一応防錆対策として、グリスを薄めに塗って
おきました。これからは、雨なんかで濡れたときにはこまめにふき取って
サビを発生させないよう努めます。

けど、どなたか、もっと良い方法をご存知であれば是非お教えください。



↓↓ピストBLOGランキング↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
前回の『チェーン洗浄』に引き続き、メンテシリーズ第2弾。
といっても、そもそもこっちのトラブルが先だった!
リヤのコースターハブにガタが出てしまったのです。
さらに言えば、最近回転も悪い気がしていました。

車体に取り付けた状態でタイヤを左右にゆすると2センチほどの幅で
ガタが出ていたのです。そんなに酷使しているつもりもないのですが、
とりあえず、フレームからホイールを外します。

CIMG0271.jpg
問題のコースターハブ(以前撮ったものを流用)

写真は以前のものですが、ロックリングのように見える部分のキリ欠き部分から
真っ黒いグリスがドロ~ってはみ出てる状態・・・。
明らかに異状です。

そこで、私はコースターハブをバラす知識がないため、いつもお世話になる
"夢屋style"へ。このホイールもここで組んでもらいました。

STAFFのアツシさんは、状態を見るなり、ハブをバラし始め
各構成部品に異常がないか、一つ一つをキレイにクリーニングしながら
チェックしてくれました。

corster_02.jpg
コースターハブの構成パーツ(ネット上より拝借)

で、結局のところ、各部品に異常は見つかりませんでした。
恐らく、何らかの理由で玉押しとロックリングが供回りしてしまい、
ガタが出たのだと推測されます。

バラしたハブは全ての部品をクリーニングしたのち、新しいグリスを塗りながら、
組み上げてもらいました。結局、オーバーホールですね(笑)。

けど、おかげでハブのガタも解消し、以前よりホイールの回転もスムースに
なりました。いつも格安の工賃でしっかりとメンテしてくれる夢屋styleさんに
感謝・感謝です☆


にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村

前回からだいぶ時間が開いてしまいましたが、先日行ったチェーンの洗浄の模様を
お伝えします!

実は、私、チェーンを真面目に洗浄するのは今回が初めて・・。
新品でチェーンを取り付けてから、約1年。激しく汚れているのは言うまでも
なく・・・。けどどうやってやるのが一番効率的なのか?をいろいろ考えてました。

オーソドックスなのはブレーキクリーナー。空いたペットボトルに
チェーンを入れて、クリーナーをたっぷり吹きかけバシャバシャやる方法。
けど、ブレーキクリーナーは基本的に速乾性で、汚れが溶けてもすぐに
乾いてしまうから、結局もう一度吹きかけたりして。消費量がハンパなく、
勿体ない。今回みたいなギトギトのチェーンには不向きかと・・・。

もう一つは灯油に漬け込む方法。こちらは速乾性はないので、じっくりと
洗い流すことができます。今回はこっちが都合よさそうです。
けど、うちには灯油がない・・。ちょこっとだけ買いに行くのも面倒・・。

というワケで、いつもお世話になっている"夢屋style"さんで聞いた方法を
試してみることにしました!
用意したのはコチラ↓↓

CIMG1119.jpg

①100均で買ってきたバット。
②使わなくなった歯ブラシ。
③ペイントうすめ液。(ホームセンターで入手)


③がポイントです!間違えても『ラッカーうすめ液』じゃないですよ!!
このペイントうすめ液とやら、初めて手に取りました。匂いは灯油と酷似して
ますが、そこまでキツくありません。効果のほどはいかに?!

じゃあ、さっそく作業開始。
CIMG1124.jpg

バットにチェーンを置き、ペイントうすめ液をドボドボって。
ここから歯ブラシでシャカシャカやっていくと・・・

CIMG1126.jpg

ひえーーー!!なんだこれーー!!
墨汁なみの黒さ。油汚れと付着したチリや砂埃。地獄絵図です(汗)。。
まずは1杯目終了。

CIMG1128.jpg

廃油は新聞紙を詰めた牛乳パックへ。廃油処理も抜かりなく。
汚れたバットはブレーキクリーナーと、キッチンタオルでキレイになります。

CIMG1127.jpg

2杯目。チェーンを裏返して、丁寧にシャカシャカ。
相変わらず汚いですが、ブルーのチェーンがだいぶ姿を現しました。

CIMG1129.jpg

3杯目は、一番汚れがたまるローラー(?)の部分。
端から端まで、一通りブラシをかけました。

CIMG1130.jpg

仕上げの4杯目。ここまで来ると、もうほとんど汚れが出てきません。
見違えるようにキレイになったでしょ??
完全ではないと思いますが、自分的には十分なレベルです。

CIMG1132.jpg

終わり~!!
あー、スゲー気分良いです。これはちょっと癖になりそうですね(笑)。
ペイントうすめ液は洗浄用として十分な効果がありそうです。前述の通り、
匂いは多少ありますが、手についても、油っぽいイヤなべたつきも少なく、
すぐにさらっと乾きます。値段は灯油のほうが安いですが、大きさもいろいろ
ありますし、容器に入っているため買い易いのも良いかと。
ま、一つの参考として頂ければ幸いです。

注油についてはまた別途ご紹介しますね!

↓↓ピストBLOGランキング↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
今週末は久しぶりに自分の通勤号をいじりました!
ただ、いじりましたと言ってもカスタムしたワケでも部品交換したワケでも
なく、『メンテナンス』です。

歳を取るにつれて、あんだけ好きだった機械イジリがどうも面倒くさくなってきて、
ろくなメンテナンスもせずに乗ってきた通勤号(ピスト風クルーザー)。
もうさすがに、「そろそろやらないとマズいよなぁ~」と思ってたところで、
トラブル発生。

メンテナンスその1
021311.jpg

リヤのコースターハブにガタが発生。
車体に取り付けた状態で、車輪が左右にだいぶ動いてしまいます。
要はガタガタです。

後輪を外すなら・・・ということで、ついでに肝心なコレ↓↓

メンテナンスその2
CIMG1123.jpg
きったねぇーー!!
約1年間ノーメンテで走ったチェーンの洗浄。
もう触りたくもない。ベットリ油にチリやホコリがいっぱい付いて、
もうワケの分からないことになってます・・・。

メンテナンスその3
CIMG1135.jpg
フロントブレーキキャリパーの錆び取り。
うちは狭いため自転車をマンションの廊下においているのですが、
どうしても雨が吹き込んだりして、錆びる要因が多くあります。
雨の日に乗ったあとに、ちゃんとメンテしないのも原因。
こんなところにも錆びが侵食してしまいました。。


こんな風になる前に、ちゃんとこまめにメンテしてあげないと
自転車が可哀想です。反省反省。
まだ他にもあるのですが、とりあえず気になってたところ3点。
実際のメンテナンス作業はまた後日、写真とともにご紹介します。


↓↓ピストBLOGランキング↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
年末のある日の昼下がり。
クルマで寝てしまった子供を抱っこして、自宅マンションの玄関前。
寒いのと、子供が目を覚まさないために、いそいそと鍵を出す。
その時、自分のバイク(ピスト風クルーザー)に足が当たってしまった。
次の瞬間・・・

ガッシャーン!!!

倒れちゃいました。

とりあえず、子供を部屋の中に入れて、自転車を起こしに戻ると。。

CIMG1082.jpg

マジかーーー!!
俺のサンマルコ・リーガルがぁ~~。

CIMG1083.jpg

革がめくれちまった(泣)。
倒れた時に、コンクリートの塀に擦ったらしく、革がべろリ。

ローコストで作ったバイクの中でも、唯一、一点豪華主義で購入した大切なサドル。
バイクを乗り換えても、このサドルは使い続けて良い味出ると良いなぁ~と
思ってたのですが、こんなカタチで傷つけてしまうとは・・・。

その後、仕方なく万能接着剤で処置。
何とか誤魔化しましたが、軽くショックな出来事でした。。


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。