Madison's BLOG

ビーチクルーザーで通勤&カスタムライフ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製作大詰めの通勤用クルーザーですが、今日は命を守るフロントブレーキの話です。

リヤは以前からご紹介している通り、ブレーキ内装のコースターハブ。
絶対的な制動力で、非常に安心感がありますが、とっさの時には不十分に感じます。。

本場アメリカや欧州では、リヤのコースターのみで、フロントブレーキなしという
バイクも見かけますが、ピストのスキッドにしても、コースターハブのクルーザーにしても、
チェーンを介してブレーキを掛ける以上、何かの間違いで、
チェーンが切れたら・・・。
チェーンが外れたら・・・。
下り坂全開で、こんな状態になれば、骨の1本2本は覚悟しなければなりません。
人を巻き込む事故にもなりかねませんし、想像するだけで恐ろしいですよね。


前置きが長くなりましたが、フロントブレーキを装着したいと言うわけです。
今回、クルーザーに700Cという細い車輪を組み合わせるので、キャリパーも
ピストなどで使用する、スポーツタイプを取り付けたいと思うのです。

ほんで、手元にあるのが、コレ↓↓
CIMG0333.jpg

"DIA-COMPE BRS-101"

ピストでは定番?のフロントブレーキ。ロングアーチタイプ。
以前、Madisonで使用していたものです。

仮合わせしてみると・・・
CIMG0335.jpg

干渉もなく、ピッタリ!!
写真にはありませんが、車輪を付けてみたら、ブレーキ当たり面の位置間隔も
丁度よろしい♪

しかーし、そうも上手くは行きません・・・。
なんたって、クルーザーフレームですから・・・。

CIMG0336.jpg

スタッドボルト、貫通せず。
しかも穴が小さいから・・・

mihon.jpg

こんな状態なんですよ。
元々このフレームは、もっと長いスタッドボルトが付いたブレーキを使用し、
貫通させて、ナットで固定するのが一般的なんです。
ピストやロードのように、ナットが埋没するタイプではないから、うまく行きません。。


そこで、行きつけの"夢屋style"さんに行ってご相談。

これまでの経緯を説明して、
ボク『これに合うブレーキキャリパーを探して欲しいんですけど。。』
店長『せっかくあるなら、加工して付けちゃいましょう』
だって!

CIMG0338.jpg

↑の写真で見るように、スタッドボルトはすぐそこまで来ています。
あとは、この穴の径を広げて、固定用のボルトが入るようにすれば良いワケです!!
完全な埋没には、当然なりませんが、間違いなく固定できます。
新品のブレーキを用意するよりも、安く済むし、再利用はありがたい!
というワケで、フォークの加工をお願いしました☆


最近気付いたのですが、僕がお世話になっている"夢屋style"さんですが、
多分、自転車カスタムに関して、できないことはないんじゃないかと・・・。
溶接、切断、研磨、金属加工全般、塗装、カスタム、日常メンテなどなど。

そりゃ、フレームから作った、オリジナルバイクを何台も製作してるし、
ショーに出していくつものアワードを受賞してる実績がありますからね!
当然といえば当然か!!

ボクもいつか、オリジナルのフレームを製作依頼したいですね。
どんなバイクにするか、妄想するだけでもヨダレが出てきます(笑)


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aktkhonsya.blog76.fc2.com/tb.php/68-6ce4314c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。