Madison's BLOG

ビーチクルーザーで通勤&カスタムライフ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震からもうすぐ1週間が経とうとしています。
テレビも特別番組から徐々に通常の番組に切り替わりつつあり、少しずつ
元の生活に戻っている気がします。

さて、被災した家族のその後についてです。

無事を確認していた姉貴夫婦のところは日曜の夕方に電気と水道が復活。
とりあえず元気だそうですが、まだまだ問題があるようです。
一つ目はガス。給湯ができないからお風呂に入れない。
仕方なく、電気ポットでお湯を沸かして、濡れタオルで体を拭いたりして
しのいでいるそうです。ガスの復旧には3~4週間が必要とのこと。
二つ目はガソリン不足。動くに動けません。
三つ目は食料。これが深刻。
姉貴のマンションの目の前にスーパー(COOP)があるのですが、朝の6時とかから
ものすごい行列ができ、3時間並んでやっと手に入るのが『お菓子』・・・。
『お菓子』のために3時間。雪が降る中でひたすら。
それだけ食料が不足してるのだそうです。
姉貴は「まぁ仕方ないね~」なんて感じですが、少ない食料で何とか我慢して
しのいでいるそうです。

ずっと連絡が取れなかったおじいちゃん・おばあちゃん。
毎日、一日何回電話しても一向につながらなかったのですが、
やっと先ほど、電気が復活したということで、無事を確認しました。
心配してただけにこれはホントに嬉しかった。
さっそく電話で話しましたが、二人とも元気そうで安心しました。
二人が住むのは、ものスゴイ田舎。今回の地震で井戸水が濁ってしまい
使用不可になったそうです。そこで近所の方にご飯やお水を分けてもらったり
して、助かってるんだそうです。

また、仙台の高校時代で一番仲良しの友だちとも連絡を取ることができました。
彼は津波の被害に遭った仙台港の近くで勤めているのですが、津波が来た時は
ホントにヤバかったそうです。地震が来て10分後くらいに水が足元から徐々に
押し寄せてきたそうですが、何しろ停電してテレビもないから、何の情報もなく、
いきなりだそうです。もっと海の近くにいた人ならなおさらです。
彼のマンションは津波を免れましたが、貯水槽が地震でひん曲がり、水道使用不可。
地震の日の夜、家族と避難所である体育館で過ごしたそうですが、もう
かなり厳しいそうです。寒いし、真っ暗だし、固いし、落ち着かないし。
それだけでもかなり体力を奪われるそうです。彼はその後、自宅にいるほうが
良いということで帰宅したそうですが、帰る家すらない方々は、その避難所で
何日間も過ごしていかなければならないのです。


私は幸いにも、家族や友だちが無事でした。しかも彼らの環境は、比較的被害が
少なく、むしろまだ恵まれているほうかもしれません。
現実には、もっともっと厳しくそれこそ死ぬ思いで何とか耐えてる方々が
いらっしゃると思います。
少しずつ物流も改善され、良い方向に向かっていってくれると思うので、
もう少し頑張って!と心から応援します。

また、福島原発に関わる方々。彼等は今も自分の健康や命の危険を感じ、
もしくは犠牲にしながら、何とか日本を守るために決死の覚悟で戦っているのだと
思います。現場の作業員の方々はもちろん、打開策を見つけるために必死で
考えているであろう研究者や有識者の方々。彼らの努力や犠牲が無駄になりませんように・・・。
これ以上、事態が悪い方向にいきませんように・・・。
頼むから・・・心からそう祈ってます。
スポンサーサイト
まさか、これほどまでにヒドイものになるとは・・・。

左の自己紹介にある通り、私は仙台市出身です。
正確に言えば、生まれは東京。親の転勤で4歳で仙台に引越し、
そこから幼稚園、小学校、中学校、そして高校生活を仙台で
すごしました。現在、親はまた転勤で仙台を離れてしまったため、
仙台に実家があるワケではないのですが、やはり心のふるさとは、
『仙台』なのです。

仙台に居た時から、『近いうちに大きな地震がくる。いつ起こってもおかしくない。』と
言われ続けていました。宮城県沖地震から周期的に考えて、もう明日にでも
来てもおかしくないと。

だから地震の一方が入った時、『ついに来ちまったか・・』と。
けど、まさかココまで・・・。ココまでヒドイ状況になるとは思っても見ませんでした。
会社でTVの緊急速報に張り付いて見ていて、気仙沼や釜石に凄い津波が押し寄せる
衝撃的な映像。10m越えの大津波警報。
「こりゃ仙台もヤバイな・・」
間違いなく、仙台空港は浸かる。海の近くに集落は壊滅する。しかもあそこは完全に
平野だから高台がない。高い建物も確かない。逃げ場がない・・。
たくさんの工場や石油コンビナートがある仙台港もダメだろう。
塩釜も松島も馴染みがあるエリアも・・・
私の知っている場所が、風景が、一体どうなってしまうのか・・・予想すらできなかった。


その後、入ってきた数々のニュース、映像、写真。
私の予想は、残念ながら当たっていました。
しかもそれは、想像を絶するほどの壊滅的な状況でした。
高校の時、男ばっかでチャリを飛ばして、海まで走ったあの道も
海の近くのあの街も、今はガレキの山。思い出まで消し去ってしまったような。
そんな気がした。


そして一番してたのは家族の安否。
まず、姉貴の家族が仙台市太白区に在住。
海から遠いので津波の心配はないものの、連絡が取れず。
しかしその後、何とかメールが通じて、家族全員の無事を確認。
元気そうだが、電気、ガス、水道全て止ってる。
食料に困っているらしい・・。とりあえず近くの魚屋でつまみみたいのを
入手して食いつなぐ。
夜は寒いだろうに・・・余震は怖いだろうに・・・暗闇の中で夜明けを待つのは
いったいどんな気持ちなんだろうか。

そして祖父と祖母。小さな頃から大好きなじいちゃん、おばあちゃん。
こちらは宮城県北部の大崎市在住。
同じく内陸部で津波の心配はないが、何しろすごい田舎。
お年寄りの二人暮らし。家も古い木造平屋。
家が倒壊していないだろうか。あの時間は昼寝してただろうから、
あのタンスの下敷きにはなってないだろうか・・・。

こちらは電話がつながらない。安否の確認ができない。。
とりあえず、今のところ死亡者の名簿には載っていない。大丈夫か・・・。

またそれ以外にも学校の友だちが大勢いる。
壊滅的なダメージを受けた海の近くの港町にも友だちの家がある。
誰とも連絡がつかず、イラつく。

これまで起きた阪神淡路大震災、中越地震、その他海外の地震や大津波。
本当のところ、実はピンと来てなかった。実感もなかった。
ただ「ひどいなぁ、かわいそうに・・」
けど、今回は違った。自分の家族が、自分の知っている街が、そこに住む友達が、
被害に遭ってしまった。
昨日からニュースを見続けているけど、気分は沈むばかり。
自分にできることはないのか??
迫り来る津波を目の当たりにした人の恐怖は・・・死を覚悟したその気持ちは・・・
そして命を落とした人の無念は・・・
いろいろな思いが頭の中を今も駆け巡っています。


とにかく祈る。無事であって欲しい。
今できることは、それくらいしかない。。


(とりとめのない長文、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。)

一世
先日、突然家に荷物が届いた。
CIMG1221.jpg
softbankから。
身に覚えがない・・・。
何も注文してないし、プレゼントに応募した覚えもない。。
確かなのは、夫婦でiPhoneユーザーであることくらい。
この荷物、やたらと軽い。
CIMG1222.jpg
『お父さんトイレットロール』??!!
頼んでねーし!っつーかこの軽さはまさかトイレットペーパーですか??

CIMG1223.jpg
???

CIMG1224.jpg
なんじゃコレ~!!
なかなか可愛いじゃねーか。
というワケで、さっそく取り付け。
CIMG1229.jpg
『いまが踏ん張りどきだ。』
『その手で触らないでくれ。』
『帰っちゃうの?』

手に軽く触れると、お父さんからのメッセージが流れます。
ただむちゃくちゃ感度が良いので、ペーパーをガラガラやるたびに、
『スッキリしたか?』だなんて言われます。夜中のトイレにお父さんの
声が響きます。。

しかしまぁ、何の断りもなくいきなりこんなモンを送りつけてくるsoftbankは
一体何なんでしょうか??
けど、オモシロイ!!そのやり方、悪くない!!
何かビックリ箱を開けたようなサプライズがあり、ちょっと嬉しかった。
なかなかやるなぁ~softbank。
昨日、いつもの通勤路。
肌寒い北風に向かいペダルを漕ぐ。
堀川わきの遊歩道。
岸辺に係留された、たくさんの船。
その中でもひときわ大きい観光船が・・・

CIMG0984.jpg

沈んでるやんけ!!

あらまぁ、なんでこんなことに。。
数日前までは普通にプカプカ浮いてたのに!
わずか2~3日のうちに、エラいことになってます!!

CIMG0986.jpg

船首が上がっちゃってます。このままさらに沈んでいくのでしょうか?
この船、夏くらいからここに係留されてて、やたらとデカいから目立ってたんです。
船内にはテレビも完備して、とてもキレイな印象でした。
事故ったワケでもないだろうに、こんなことってあるんですねぇ~。

非常に不気味です。。

CIMG0985.jpg

船の脇に放置された、パンダ。
目が怖い。怪しさ満点。


会社でニュースを調べたら、やっぱり出てました。
(以下メ~テレニュースより)

----------------------------------------------------------------------------
堀川で船が沈没 油が流出

午前9時半ごろ、名古屋市熱田区の堀川で「白色の船が沈みかけている」と
通りかかった人から第4管区海上保安本部に通報がありました。

名古屋海上保安部が調べたところ、長さおよそ15メートル、重さ19トンの船が
半分近く沈んだ状態で見つかりました。船に乗員乗客はいませんでした。
周辺およそ200メートルに渡って油が流出していて、名古屋海上保安部が
除去作業を進めています。沈んだ船は、およそ50人乗りで今年8月頃から現場に
停められていて、不定期に観光客などを乗せていたということです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。