Madison's BLOG

ビーチクルーザーで通勤&カスタムライフ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Madison's BLOG"を名乗っておきながら、
最近全然登場しないMadison。。
それもそのはず、現在フレームの状態で放置中。
今後どうするか悩み中。

ということで、今回はweb上で見つけた海外のMadisonを勝手にバイクチェック!!

madison2.jpg

私が所有しているのと同じ、2007年モデル。
この赤いロゴが嫌で、全部削って塗装しなおしたっけ・・。
ブルホーンは、個人的に試したことがないのですが、
なかなかアリですね!

madison5.jpg

こちらはブルーの2008年モデルベースのBIKE-POLO仕様!
ギア比を軽めに設定するためか、チェーンリングがだいぶ小さいですね!
巻き込み防止のダンボール、遠目で見ると立派なディスクホイールに見えるかも?
上向きステムで、無理のないポジションが取れそうですね。

madison1.jpg

個人的にこのシンプルさがたまらない。。
COOLなMadisonはfrom UK!
全塗装してフォークも替えてるから、全然Madisonか分かりません・・。
リヤはホワイトのH PLUS SON、フロントはカーボンのHED.3かな??
やべー。
参考になります!!

やっぱり個人的にはシンプルでスッキリしたカスタムが好みですね。
みなさんは、どんなピストがお好みですか??


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
遅ればせながら、、、

明けましておめでとうございます。
今年もマイペースに、自分なりの楽しみ方で自転車カスタムを
やっていこうと思ってますので、宜しくお願い致します。

さて年末の更新以来となりますが、あれから正月休み中にいくつか部品を
集めました。ただ写真の準備もできてないので、後々ご紹介したいと思います。

今日は久々に"Madison"のお話。
当ブログ、『Madison's BLOG』と名乗っておきながら、
最近、全然Madisonが出てこねーじゃねーか!!
とクレームが飛んできそうですので・・。

うちの白いMadisonクンは現在バラバラにされて納戸で保管中。
春までは出てきそうにないので、今日は2010年モデルのご紹介。


そもそも"SCHWINN"(シュウィン)というバイクブランドの知名度ってどうなんでしょう?
正直、ピスト雑誌なんかだとほとんど見ないよなぁ・・。
ボクのシュウィンのイメージって、こっちなんですよね↓↓
cruiserclassicss_m_rb_800_convert_20100110002144.jpg

やっぱビーチクルーザー。
古いのだとこんなのとか↓↓
schwinn-old.jpg

"1971年製 シュウィン スティングレイデラックス"(夢屋styleブログより拝借)
やっぱアメリカの歴史を感じますよね~。

このシュウィンのホームページを見ると、ロードとかBMXとか街乗り軽快車とか
手広くやってるんですね。
で、その中にシングルスピードのモデルも少しだけラインナップされてるんです。
その一つが我が"Madison"です。

そして最新の2010年モデルがこちら!!
madison10brw_convert_20100110002357.jpg
①ブラウンカラーモデル。
 ブラウン地にゴールドのクラシックなロゴが入ります。
 全体として落ち着いた雰囲気ですね。
 セミドロップハンドルにつく、グリップを見て下さい!
 OLDSKOOLなデザインのラバーグリップですよ!しかも半透明ってのがまたKOOL♪

madison10mr_convert_20100110002436.jpg

②マルーンカラーモデル。
こっちは少しスポーティな印象!ロゴデザインが違います。
しかも黄色と白で、これがかなりインパクトありです。
クランク・リング・チェーン・サドルなんかも白にしててかなりオシャレです。

実は2台とも、近所の"カトーサイクル"ですでに現物を見てきたのですが、
特に②マルーンカラーは、正直ガツーーーッンと来ました!
写真で見るより、実物は格段にカッコ良いです!

明らかに昨年モデルよりも、細かなディテールアップがなされてます。
革製のトゥーストラップだったり、SanMarcoリーガル風な鋲打ちサドルだったり、
ヘッドセットの色使いだったり。

しかも値下がりして、安い!
定価62,000円!
店頭での実勢価格は、56,000円くらいで買えます!
もしもピストにはまるのがもっと遅かったら、これ買ってたな~多分。

サイズはXS、S、Mの3種類。
ただXSと言ってもシートチューブC-T 545mmもあります。
サドルを上げて、カッコ良いプロポーションで乗るには、XSじゃないとダメですね。
身長が高い方ならSとかでも良いかもしれませんね!

ほんで、ちなみに"Madison"の上位モデルにあたるのが、コチラ↓↓
sprint10_convert_20100110002512.jpg

"SPRINT"
名前からして速そうです(笑)。
こちらは、サドルが本物のSanMarcoリーガルになります。
シートポストとステムはチネリ!
このモデルは、写真の赤しかバリエーションがないので、そこが
好き嫌いあると思いますが、悪くないでしょ!

このモデルも値下げして、
定価100,000円。
実勢90,000円くらいかな?これもかなりお買い得だと思います。


何かシュウィンのまわし者みたいになってしまいましたが、
個人的にはオススメできるモデルだと思います。
特にMadisonのマルーンカラーはやばかった。
ピスト雑誌では、国産の競輪フレームを多く見ますが、ちょっと違って
太めのパイプや、フォーク上部にあるまるっこいラグ肩なんか、大好きです!!!


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
いつも、当BLOGをご覧頂き、ありがとうございます。

前回の記事で、『ピスト完成』という内容で、一度締めさせて
頂きましたが、数名の方から、”おめでとう”のコメントを頂きました。
改めて、お礼させてください。

これまで、製作過程を、一方的な感じで紹介してきましたが、
まさかこんなにも見てくれているとは、思っていませんでした。
(確かにアクセス数は、ここんとこ多かったなぁ・・)

もしかしたら、見てる人の気分を害するようなことも書いてあるかも
しれません。失礼がありましたら、ここでお詫び致します。
今後とも、楽しんで見て頂けるよう頑張りますので、
宜しくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ピスト完成!はウソで、大切な部品と取り付けるのを
忘れてはいけません。

命を守るブレーキです。

トリック専用の方なんかは、ブレーキなしもよく見ますが、
私は走り専用なので、ブレーキは必須です。
スキッドが出来ても、急には止まれないでしょうし、
そもそも、何かの間違いで、チェーンが外れたら・・・
終わりですね、暴走ミサイルです。

フロントブレーキはこれ。
DSCF0290.jpg

"DIA-COMPE BRS101" 3,500円くらい?

色はシンプルにシルバー。ラグがシルバーなので、目立ちにくい?

ブレーキレバーは定番。
brake.jpg

ダイアコンペ製の、ピスト用補助ブレーキレバーです。
よくドロップハンドルに付ける小さめのタイプですね!

同じダイアコンペ製のゴールドフィンガー?なんかと
迷いましたが、小さく、目立たないほうが良いので、
これにしました。

装着した写真がありませんが、
インナーケーブルとアウターケーブルは、シマノ製を使用。

乗った感じ、制動力は問題なし!!
フロントホイールにCNC加工がされてるかもしれませんが、
めちゃ効きまーす♪


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
DSCF0333_convert_20090918232105.jpg

やっと、
やっと、
完成した姿を、お見せすることが出来ます!

どうでしょうか?
初めて作ったピストにしては、イメージ通りに仕上がってるかな!
個人的には、大変満足してます♪

製作日数 ; 1ヶ月半
かかった費用 ; 約11万円


実は8万円くらいの予算で、完成できないかと、
当初は思っていたのですが、予想以上に、個々の部品が高く、
終盤では、かなり予算をケチった感じになってしまいました。
DSCF0344_convert_20090918232146.jpg

私なんかより、もっともっとピストに情熱を燃やし、
確固たるコダワリをお持ちの方もいっぱいいるでしょう。
そんな方からすれば、
「安モンの寄せ集めじゃねーか?」って
思われるかもしれません。

けど、誤解を恐れずに言えば、お金を掛けたからって、
ハイセンスなカッコ良いピストが出来るとは限りません。

雑誌で紹介されているピストの中には、確かに
レアで高価なパーツをふんだんに投入したものがあります。
"NJS"が一つのブランドになり、ピストを知れば知るほど、
高いパーツが良く見えてきて、欲しくなるのも分かります。
(実際、私のピストにもいくつか組まれてるし)

でも、ピストのことを全く知らない、街行く人にとっては、
NJS認定とか、レアな部品使ってるだとか、そんなことどうでも良くて、
ハッキリ言って自己満足の世界です。

私がこの1台を作る過程をブログで公開して、見る方に知って欲しかったのは、
少ない予算でも、自分好みの1台を組み上げることは、決して難しくないということです。
初心者⇒完成車から始める。
というのには、囚われることはないと思います。

作っていくなかで、失敗したこともあります。
まだ納得行ってないところも、あります。
けど、それらも含めて、良い勉強になったし、
きっと今後に生かすことができます。

納得できる一台を求め、これからも自転車生活を
楽しんで行けたら良いな、と思ってます。

DSCF0341.jpg

やっぱこのラグ肩、最高やわ(笑)!


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
前回の、『フレームサイズ誤算』の記事でご紹介しましたように、
私の体型にしては、少々大きめのサイズのフレームとなっておりますので、
サドル&シートポストについては、慎重に選びました。

まずはシートポスト。

ペダルに足を乗せてまたがった感じ+メジャーによる計測により、
『サドル+ポストの長さ=10センチ強』でまとめなければなりません。

そのため、シートポスト選びにも、多少支障が出てきます・・・。
main.jpg

こんな感じで・・・。

きれにカーブしているものは危険ですし、
また、"THOMSON"のように、カッコ良いロゴが入っていても、
どうせフレームの中に押し込められて、見えなくなってしまうので、
意味なし。
(高いから、どうせ買えないんですが・・・)

そこで、ショップで見つけたのは、これ。
mtb-post.jpg

"grunge シートポスト 27.2mm径 シルバー" 1,900円くらい

はい、出ました。安物~!

とにかく安いのは、さておき、
このサドルとの接合部は小さい!小さい!
予算も限られてるし、これでOK!

しかし、無駄に長いですねぇ。。
どうせ、ほとんどフレームの中にすっぽり入ってしまうんやから。

ほな、切りましょか?!
DSCF0344.jpg
DSCF0342.jpg

大胆にカット!
軽量化に貢献??

お次はサドル。
これを買いました。
DSCF0335_convert_20090905184903.jpg
DSCF0338.jpg
DSCF0339.jpg

"フジタシームレス NJS"

セレクト理由
①バックスキンが良かった。
②薄型のシンプルな形状。
③何気にNJS。
④美品なのに、安かった。(ヤフオクで3,200円)


ホントは、サンマルコ・コンコールなんかに憧れます。
が、やはり高くて手が出ないので、これでいってみます。

車体に取り付けると、こんな感じ♪

DSCF0342_convert_20090917001345.jpg


そしていよいよ、
次回完成!!


↓ピストBLOGいっぱい↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。