Madison's BLOG

ビーチクルーザーで通勤&カスタムライフ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく更新が滞っておりました・・・申し訳ないっ。
少し前の話、フロントタイヤを交換しました。

これまで、私のピスト風クルーザーのタイヤは、、
前;Vittorio ランドナー 28C
後;Vittorio ランドナー 32C

を使用していました。これは元々、街乗りをメインに考えた時の耐久性と、
クルーザーフレームとのバランスを考慮し、前後とも少し太めのタイヤを
入れていたのです。 

ただ最近行った、リヤコースターハブのOH、チェーンの洗浄&注油により、
各部のフリクションロスが軽減されて、正直かなり走りが軽くなりました。
で、ついでだからタイヤもやろうと。

リヤはだいぶ磨り減っているのですがもう少し使えそうなので粘ります。
今回はフロントを、一般的な太さである"23C"に交換。
外したランドナー28Cは次期のリヤタイヤとしてストックしておきます。

さて、どの銘柄買うか?
実は結構悩んだんですが・・・ま、結局定番。

CIMG1166.jpg
とりあえず、コレでいっかと!!安いし!!
雨の日の排水性はあまりよくなくて、よく滑って結構怖い思いをしてるのですが、
気をつけて乗れば問題ないかな。

ランドナー28Cとの大きな違いは、もちろん太さ。接地面が小さくなることと、
トレッドパターンがほとんど無いため、転がり抵抗が軽減されます。
あとは軽さ。ランドナーはワイヤービード。ザフィーロはケブラービード。
車体全体の重さへの影響もありますが、軽くなることでも、車輪が回りやすくなると
推測されます。

CIMG1178.jpg
実測値 300g。
ランドナーはというと・・・すいません、計りに乗らず計測不能。

なので、車輪全体の総重量で比較。
調理用計りがMAX 1kgのため、仕方なく体重計(笑)。

CIMG1177.jpg
ランドナー28C(使用品)装着時 1.8kg

CIMG1179.jpg
ザフィーロ23C装着時 1.6kg
200g減!!
たかが200g、されど200g。走りの違いはこの数値の差以上にデカイ!

乗った感じ、やはりフロントの抵抗が少ない。キレイな舗装路なんかだと
その差は歴然で、滑るようにスイスイ進みます。1,800円程度でこのスイスイが
手に入るなら、もっと早くやっとくべきでした。

しかし軽量化とフリクションロスの軽減は気持ち良いですね☆
今のクルーザーも作ってから1年が経とうとしてるし、そろそろ
大きな変化をしてみたいですね!!
とりあえず妄想中(笑)。


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
今日は小ネタを2発。

まず、先日"Circles"に行った時に、以前から気になってた商品を入手しました!
CIMG1185.jpg

"Wrist Key Coil" Made in USA

CIMG1186.jpg
コレコレ!
よく、ピスト雑誌なんかでメッセンジャーの人が愛用しているのを目に
してたんで、前々から欲しかったんですが、なかなか見つからなくて・・・。
私は自転車のカギは、キーホルダーなんかを付けずに、裸でポケットに
入れていたのですが、いつか無くしそう。だからと言って、家やクルマの
カギと一緒にすると、自転車を留める時にいちいちジャラジャラ出すのが面倒です。
これなら、手首につけておいて邪魔にならないし、もしくは、外したU字ロックに
付けてセットにしておけば、すぐにカギに施錠・開錠ができます。

アメリカのホームセンターに行けば腐るほど置いているそうですが、
日本ではあまり見かけませんね。そのせいか、なかなか強気の値段だったのが
ちょっと後味悪いかな。ちくしょー、良い商売だぜ(笑)。


それから、少し前にご紹介した、グリーンアルマイトカラーのアルミハブナットを
車体に取り付けてみました。
CIMG1191.jpg
見た目はよし!挿し色効果絶大!
フロント周りは、シルバー&ブラックで統一してたので、グリーンが入るだけで
明るい雰囲気になります。また、漕いでいるときも目に入るので、ちょっと
テンションUPしたりして。

ただですね~、やっぱ締めこんでいく時はちょっと怖いんです。
素材がアルミで柔らかいだけに、ナメないかが心配で・・。
普通のスチールのナットだと、グッグッて締めて、感覚的にそれなりの適正トルクで
締まった感があるのですが、このアルミナットはその安心感がないんですよね・・・。
グッと締めると、ムニョ~ってまだ回る。
強く締めるんだけど、強すぎるとナメないか心配。弱すぎると緩まないか心配。

見た目効果は良いですが、ちょっと気持ち的に安心感がない部品だと思いました。
やっぱり純正が一番良いのかな~。もしくは硬度もあってサビないジュラルナットが
良いですね。


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村

ボクは、ズボンの裾バンドがどうも好きになれない。
特に、自分のようにスーツ&革靴の組み合わせに裾バンドは、どうしても
ダサいイメージがあります。

だから、私が通勤で使う2台のクルーザーにはいずれもガッツリとチェーンガードが
付いてます。

しかしですね、この裾バンドを知って『これならアリ』だと思ったのです!
CIMG1168.jpg
"FIRST IMPRESSIONS"トラウザーズガード
http://www.1stimpweb.com/index.html

これは、ブログ村・ピストブログランキングに参加されている
前岡カズユキさんのブログで、前岡さん自身が購入し使用され、その製品の良さについて
ご紹介されていたものです。

その時の記事はコチラ。

CIMG1172.jpg
前岡さんが、細かいところまで説明されているので、割愛しますが、
確かに素晴らしい出来です。

CIMG1174.jpg
これで2,100円は安い!!
ホームページのネットショップから注文しましたが、このトラウザーズガードは
いろんなカラーバリエーションがあり、選ぶのが楽しくなります♪
今回は、スーツ用ということで一番黒でオーソドックスなものを選びましたが、
私服用には、もっとポップなものを選んで良いかなって思います。
また、お店の方の対応も良く、非常に好印象なSHOPでした。

私もオススメしたい商品です!!

さて、不要になったチェーンガードはとっぱらいます。
どんだけ軽量化になるかなぁ~と思ったら・・・
CIMG1148.jpg
266g DOWN.
意外と軽かったのねぇ~(汗)。
けど、チェーン周りがスッキリして、気分的にもスッキリしました。
不要なものは取り外す。軽いモノに変える。
合理的で気持ちがよろしい!!


↓↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
以前、チェーン洗浄の模様をお伝えしましたが、今日はその続き!
『注油編』です!

さて、チェーンの洗浄にペイントうすめ液を使うという裏技をご紹介しましたが、
その後、しばらく時間をあけて放置しておりました。
CIMG1132.jpg

見る感じ、表面の油っぽさも無くなり、カピカピに乾いてます。
念の為、再度、ブレーキクリーナーを吹きかけてみましたが、全然汚れが
出てこないので、ペイントうすめ液の効果が絶大だったことを再認識しました。

さて、車体に取り付けていきます。
CIMG1161.jpg

カピカピなので、手も汚れず・・・。
で、何よりも重要なチェーンオイルをさしていきます!!
今回用意したのは、コチラ↓↓
CIMG1162.jpg

"WAKO'S CHAIN LUB"

チェーンオイルは色々と悩んだ挙句、これにしてみました。
ホントはBOREDさんの、BLOODY SYNTHETIC LUBRICANTにいきたかったのですが、
値段の面と、通販でしか手に入らないということで、今回は踏み切れず・・。
モータースポーツでも有名、ケミカル界の大御所、WAKO'Sの力を
信じてみようと思いました。

(以下、Above Bike Store Onlineより)
フッ素樹脂を配合しているので、潤滑性、耐摩擦性、浸透性、付着性に優れています。
長い期間潤滑効果が持続するのでロングライドにも適しており、悪天候でも飛散しにくく
汚れも付着しにくい特性があります。
ハーフウェットタイプのチェーン用防錆潤滑剤です。

さっそく吹き付けてみました。
CIMG1163.jpg

写真で分かるでしょうか?
ウェットな感じで、オイルが全体に行き渡っているようです。
用途説明のところに書いてありましたが、吹き付けた後、10分はそのまま放置すると
飛散防止になるそうです。要はちょっと乾かせと。
匂いはちょっとKURE556にも似てるので、ホントに性能は大丈夫?って感じですが、
中身は全然違う・・・ハズだ!!

その後、クランクをぐんぐん回してみましたが、まぁこれまたスムースなこと。
洗浄と注油をしっかりしたことで、ペダル運びもこれまでより軽くなり、
ぐんぐん前に進んでいくこと間違いなし!!
あとは、こまめにメンテしてコンディションの維持に努めたいです。


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村

しばらく更新が滞っておりました・・・が、今日もメンテナンス関連ネタです。

前回の記事で、フロントブレーキの錆び取りについて書きましたが、
フロントブレーキが錆びるということは、当然、フロントホイールの
ハブナットも錆びさせてしまいました・・・。
幸いにも、金属ブラシで軽くこすれば落ちる程度のものでしたが、
今後も起こりえることなので、恒久対策として、
『錆びないハブナット』に交換してしまおう!!

で、今回買ってきたのが、コチラ↓↓
CIMG1152.jpg

アルミ製ハブナット アルマイトグリーンカラーのフロント用です。
"Circles"で購入。カラーバリエーションも豊富でしたが、その中から大好きな
グリーンをセレクトしてきました。発色がとてもキレイでしょ??

持った感触は、何しろ軽い!!
さっそく、実測してみます。
CIMG1150.jpg
GRANCOMPE純正ハブナット 28g/per

CIMG1151.jpg
アルミハブナット 12g/per

半分以下の重量です!!
アルミだもん、そりゃそうだわな。。

心配なのは、素材の硬さ。やはりアルミなので柔らかいのは否めず、
スチールのそれに比べてナメやすいそうです。
けど、よっぽど負荷のかかる走りをするわけでもないし、バカみたいな
力で締め上げなければ問題ないでしょ。
ただ理想を言えば、硬度面も心配がないジュラルミン製が良かったですね。。

CIMG1180.jpg

グランコンペハブに取り付けたイメージ。
真っ黒なホイールにはマッチしますね!!
軽量化、防錆、見た目によるテンションアップ!
ちまい部品ですが、一石三鳥ってな感じで。


↓ピストBLOGランキング↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。